スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり私の青春音楽理論はまちがっている。

たまには音楽の話でも。

先日ニコニコに新曲をあげました。

【初音ミク】 yOunG oH! Oh! 【オリジナル】


ありがたくもこの度「VOCALOID和風曲」タグをつけていただきましたが、箏や三味線や笛は鳴っていても、和旋法を駆使したフレージングがあるわけでもなく、音楽的には特に「和風」というわけではありません。
間奏の三味線は津軽じょんがら節で使われるようなマイナーペンタトニックではなく、sus4のうえに半音下のaugメジャー7thを積んだ2階建てコード、その2階の増三和音を短調のⅢbに見立ててのメロディックマイナーで以てベベベンと弾いております。

また曲の終盤のほうで、7th(#9、b13)のaltコード上にさらにb9th音を響かせてる箇所があります。
通常、オルタードを旋法的につかう場合ならb9と#9が経過的に並んで現れることはありますが、和声的に同時に鳴らすということはまずしないと思います。

最後の「う~ど~ん、たべてかえろ~♪」というフレーズ(じつは、大好きなちえPの「月花ノ姫歌」のイントロの尺八のフレーズから引用させていただきました。)、そのバックで笛が鳴っているのですが、マイナーコード上で明らかにM3音が使われています。
これは、原曲のsus4に対して私はm7(9、11)をあてているのですが、それをトニックマイナーとしたうえで、属音からの3度累積をaugとして考え、その構成音それぞれに半音上の音を付加した増三和音の音程関係のマイナーメジャー7thを分散させた人工的スケールを作り、それを旋法的に用いたフレージング上の音なのです。

これらはいずれも楽理的には、忌避されるべき・ある意味まちがった音の使い方だと思います。
私はべつに奇を衒ったり逸脱することに価値をおいてこういった音選びをしているわけではないのですが、あくまで欲しい響きを探っていったらこんな音になってしまったのです。

おしゃれなテンションコードよりも、インテリジェンス溢れる転調よりも、ちょっとヘンテコで珍妙な独自の響きへの偏執。そんな私の変質的な音嗜好がごあめの“個性”として認識されて、好事家の方々が「今度はどんな変な音を聴かせるんだ?」と作品を心待ちにしてくださるようになれば幸せです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごあめ(りんごあめ)

Author:ごあめ(りんごあめ)
曲や動画を投稿したり、ギターを弾いたり、雑文を書いたりしています。

マイリスト
pixiv
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ボカロの習得を目指しますさ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。