スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クイズの時間

ギターうま男ことVaderさんとのユニット「あべ。」での3曲目が投稿されました。
この曲はVaderさんのファンキーなギターのカッティングが利いてる楽曲で、私は作詞と動画を担当しています。

初音ミクなオリジナル / クイズの時間




「クイズの時間」

番組はグダグダながらも佳境に入り
昨日の逢瀬を問いただすコーナー
捲くし立つ司会者
原稿ばらまきアドリブは
19秒のコメント尻切れする体たらく

「無理やり山間の風景ねだって、
戻れば雨などないのに濡れてる車を…」

さて、ここで問題です!
Q.「…あの人、彼女にどう言い訳したのでしょう?」
やさぐれてる私のあてずっぽうがまた
熱海旅行を当ててしまう


副調整室から指示が飛ぶ
ここでカメラを寄せて
私の泣き顔を撮れと


やおら立ち上がり
ピンマイクを投げて
ヒロインに飽きて
セットをぶっ壊す

背中からしがみつくディレクター
まるでいつかの誰かみたいで
こみ上げた笑いのあと何かこぼれても
カラーバーが気を利かす





今回は、野暮ではありますが歌詞の解説などをさせていただこうかと思います。
一見すると、相変わらずの「ごあめ意味不明ポエム」かのように見えるかと思いますが、一応ストーリーというか内容が存在しているのです。

この歌の主人公、「私」がお付き合いしている男の人には彼女(もしくは奥さん)がいます。
そんな男性との昨日のデートで「私」は天気の変わりやすい山のほうへのドライブをせがみました。
そして、もし彼女のもとに帰った彼が車が濡れている理由を問われたらなんて言い訳をしたのだろう、という想像を
テレビのクイズ番組になぞらえて表現しています。
そんな想像、したところで楽しいわけでもなく、むしろ不安だったり虚しかったりでやさぐれた気持ちになります。
また、クイズの賞としてあてがわれるのは浮気旅行の定番(?)熱海だったりします。
(動画のなかにも熱海の風景や、熱海を舞台にした尾崎紅葉の「金色夜叉」の“貫一お宮”の銅像が描かれています。)
裏では、ことさら「哀しい恋」を謳い番組を盛り上げるようと、やたら泣き顔を映したがるディレクター。
でも本当は「私」はそういった悲劇のヒロインに酔っているかのような自分がたまらなく嫌であり、すべて壊してしまいたという思いが胸に渦巻いたのでした。
出演者が暴走しだしたことで慌てて止めにはいるディレクターの、“引き留ようと縋る”その姿はそのまま自分と重なってしまい呆れて笑ってしまいます。
結局、悲恋を美化しようとするディレクターもクイズを出題する司会者も、自責し自問しているこの自分自身であるということです。
そして、放送トラブルの映像を遮蔽するカラーバーのように、ふとこぼれ落ちてしまいそうな涙を隠してしまおう、という歌です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごあめ(りんごあめ)

Author:ごあめ(りんごあめ)
曲や動画を投稿したり、ギターを弾いたり、雑文を書いたりしています。

マイリスト
pixiv
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ボカロの習得を目指しますさ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。